日本ビアポン協会について

日本ビアポン協会はアメリカで生まれた
スポーツ ~ビアポン~Beer Pong~を競技として、
日本中に広めるために発足した団体です。
ビアポン発祥のアメリカで毎年行われているWSOBP世界大会の参戦を目標に
世界に通用する日本代表を育成、
世界一を目指します。​

日本ビアポン協会のミッション


 1 日本ビアポンの水準向上および競技として普及促進
 2 豊かなスポーツ文化の振興および国民の心身の健全な発達への寄与
 3 国際社会における交流および親善への貢献

ミッションを達成するために、以下の事業を行います
(1) 全国的各種選手権及び競技の開催又は後援
(2) ビアポンに関する競技規格等の制定・変更及び疑義の裁定
(3) ビアポン用具の規則上の適否の審査
(4) ビアポン選手の発掘、育成、強化及び助成
(5) ビアポン指導者の養成及び資質の向上
(6) 国際交流の推進
(7) ビアポンの普及啓発に関する広報活動の実施
(8) ビアポンに関する資料の収集、保管及び展示
(9)プロフェッショナルビアポンプレーヤーの資格の認証
(10)ビアポンの技術、ルール及びマナーの指導及び普及、奨励
(11)ビアポン試合の主催
(12)刊行物の企画及び出版

理事長あいさつ

一般社団法人日本ビアポン協会は、スポーツとしてのビアポンを通し、広く市民の心身の健全な育成に寄与するため、その普及振興活動を行っているわが国唯一の一般社団法人です。

スポーツとしてまず皆様に認知して頂けることを目的に、年間6回の大会、そして大会の度に、インストラクター養成講座を開催して、協議会員等の技術のレベルアップ、そしてそれをとりまく審判やインストラクターの養成を図っております。
その中から、アジアカップ、ヨーロッパカップ、世界大会など世界の連盟団体が主催する大会へ選手派遣も行い、毎年継続的に実績を重ねております。

また一方では、普及促進のための競技場の公認、振興のためのビアポン検定、関連文献および資料の収集ならびに用具等の紹介・販促など多岐にわたった積極的な事業活動を展開しています。さらに、青少年・児童の競技・または一般企業、各種施設等における幅広い地域や団体コミュニティに対し、その活性化等に寄与するコミュニケーションづくりなどを通じて社会貢献しています。

今後とも本協会は、全国各地の市町村等地域レベルでの会員を増強し、より充実した組織・事業展開を図って行きます。特に、ビアポンで世界一を取る未来のプレーヤーのための環境整備や指導員養成等に全力を傾けていく所存です。 夢のある未来社会の構築のため、本協会に対するご理解とご協力をこころから願い申し上げます。

 

一般社団法人 日本日本ビアポン協会

理事長 諏訪秀一
 

概要


法人名

一般社団法人 日本ビアポン協会 

 

役員
理事長 諏訪 秀一
理 事 珍田 亮
理 事 チョウ ケイキョン
理 事 蔵林 裕貴

監 事 歳谷 竜生

幹 事 田中 竜一
幹 事 綱川 賢人  

幹 事 山中 雄大

幹 事 井上 拓也

幹 事 長嶋 明大

​顧 問 中野 知和

住所
〒160-0022 

東京都新宿区新宿2-8-1 

新宿セブンビル205号

メールアドレス
info@bpfj.org 

取引銀行
東京三菱UFJ銀行 

業務委託先
株式会社GAIS 

日本ビアポン協会では世界大会主催団体ーBPONG社​のWSOBPレギュレーションを採用し、

すべての大会やイベントに国際基準な用具やルールを実行しております。