​クラブチームとは

日本ビアポン協会が主催する公式大会に

出場するチームのことです。

学校のサークルでも会社の部活でもOK。

仲間とビアポンしよう。

公式大会を参加して、

日本一クラブチームを目指そう。

クラブチーム大会

2v2、ミックス2v2、1v1、3v3

の4項目でビアポンを競う大会です。

WSOBP世界大会ルールが適用

​一つチーム最低人数は4人、女子1名

​定員上限無制限です。

​参戦チームのご紹介

Hangout

HANGOVER

キャプテン:石谷拓巳

​新宿ハングアウトハングオーバーが本拠地

​毎日ビアポンできます。

東京ビアポン倶楽部

キャプテン:綱川賢人

渋谷時代からのビアポン歴が長いメンバーです。

​スポット参加、固定メンバーを募集中です。

HoT SHOTS

​2018年度優勝、年間ベストチーム

キャプテン:井上拓也

帰国子女のTAKUYAが率いる

日本チャプも在籍

​最強チームと言われています。

ネイキッド

キャプテン:蔵林裕貴

最速にユニフォームを着用チーム

チーム一体感ハンパない

ポンポンイェーイ

キャプテン:諏訪秀一

原宿ビアポンのメンバーで結成

TEAM KUDO

2018年度、ダブルス優勝、新人王

キャプテン:工藤拓也

日本一フリースケート選手が参戦

​ビアポンでも日本一!!

新規​参戦チーム募集中

興味ある方はこちらを記入してください。

大会日程の出来次第に連絡します。

大会は無所属の参加も可能です。

クラブチーム戦 概要

①チーム人数

​一つチーム最低人数は4人、かつ女子最低1名。

​定員上限と新規メンバーは無制限。

②試合方式​

WSOBP世界大会ルールが適用、8分時間制限ルール適用*

2v2、ミックス2v2、1v1、3v3の4項目でビアポンを競い、

前半2v2とミックス2v2が同時進行

後半1v1と3v3が同時進行

試合の勝ち負けによってポイントを与えます。

③ポイントについて

2v2、ミックス2v2、1v1、3v3全試合勝ち20点、負け10点

*お一人の獲得点数

引分けの場合もあり、プレーオフ時はチーム全員サドンデスで勝負
*ミックスは女子が欠場すると2対1になります、1球しか投げられない。

獲得ポイントは順位表に計上、プレーオフのシードに反映します。

④フレーオフについて

プレーオフに勝つと日本一クラブチームと称えます。

順位戦も行います。

プレーオフチーム数を8チームに上限、

上位8チームの順位計算順はポイント、参加回数、累計参加人数
相手が来ない場合は不戦勝、120ポイント獲得


⑤移籍
シーズン期間中に移籍可能、条件は移籍元にお一人100ポイント補償
1対1のトレードは補償対象外
一人の移籍回数制限は2回まで
移籍は大会開催まで3日にメールで申し込み必要、大会当日は受付しません。
移籍は7月まで、9月プレーオフの直前は受付しません。

 

⑥ベストクラブチーム賞、ニューヒーロー賞、年間MVP

新規選手の育成やクラブの拡大が主な目的

クラブチームの成長や貢献度に与える賞です。

クラブチームに所属する選手が​1年度大会で獲得したポイントの合計を競います。

⑦フリー枠
一年中チーム所属しなくても参加できる、

ただしチームポイントに計上しない、個人成績は計上する、シーズン中チーム加入不可

ポイント計上対象

交流トーナメント

新人トーナメント

クラブチーム戦

クラブチーム戦プレーオフ

女子シングルス

新人王決定戦

日本ビアポンチャンピオンシップ ダブルス

日本ビアポンチャンピオンシップ シングルス

カジュアルトーナメント

大会参加ポイント、新規参加ポイント

ポイントの計上方法

クラブチーム戦の得点はプレーオフの順位を決まる点数です。

2v2、ミックス2v2、1v1、3v3全試合勝ち20点、負け10点

お一人の獲得点数

ベストチーム賞に計上するポイント

クラブチーム戦の得点を以下のチーム項目を加えます

新人大会、トーナメント
1位:25点 
2位:18点 
タイ3位:15点 
タイ5位:12点 
タイ9位:10点 
タイ17位:8点 
タイ33位:6点
お一人の獲得点数
ダブルエリミネーションの場合はポイント2倍
2ブラケットの2本先勝決勝戦は1勝 +10ポイント

​クラブチームの参加ポイント
4人参加は一人20P
6人参加は一人25P
8人以上参加は一人30P

新規参加ポイント30P
クラブチーム戦に出てない方は計上しない

*8分時間制限ルール適用とは

会場利用時間を超えないように、試合時間の短縮が目的です。

アジア大会と同じルールを使用します。

8分時間なる時点、カップ差3個以下の場合は先行後行の関係なく負けてる側が投球権利あり、

最終ターンといいます。

最終ターンで逆転引き分けや勝利が認められます。

引き分けの場合は1球ずつの10カップ対10カップのサドンデスとなります。

逆転された側が先行となります。

8分時間内のラストカップいれ、逆転した場合はWSOBPルールのオーバータイムルールで続行します。