日本ビアポンチャンピオンシップ 2021

更新日:4月28日



毎年恒例の日本一決定戦が開催されました。 各タイトルと表彰が決まりました。 日本一プレーヤー決定戦(シングルス) シーズンのトップ8プレーヤーとフリーエントリー8名の1対1真剣勝負です。 2本先勝の決勝は須賀恭平vsケネフ 2-0 須賀恭平が優勝、3年連続3回目の優勝となります。 日本一ペア決定戦(ダブルス) シーズン大会の優勝の3ペアがシートに、13ペアがフリーエントリー、16ペアとの対決です。 2本先勝の決勝は工藤拓也&尾崎洋祐 vs 矢野和洋&ケネフ 2-1の接戦で矢野和洋&ケネフが優勝 2021新人王決定戦 新人大会の優勝した8人が新人王決定戦に挑みます。 決勝は藤原昂vs武山裕一 藤原昂は無敗で2021新人王を勝ち取りました。 ニューヒーロー賞(最も活躍が顕著であった新規プレーヤー) 新人王出場権を取得し、前年まで優勝してないプレーヤーに対する表彰です。 今年はのサマーカップに初優勝し、360ポイントで年間総合9位の灰野崇宏が受賞されました。 ビアポンクィーン(最優秀女子賞) 今年はかなり接戦、チャンピオンシップに最後の勝負となり わずか18ポイント差で、井上恵利香が468ポイントでビアポンクィーンを獲得しました。 年間MVP(最優秀プレーヤー賞) 須賀恭平 圧倒的に570ポイントを獲得、 2位に70ポイント差で。 2021年で2レギュラー大会優勝、 チャンピオンシップのシングルスに優勝 新人王、シングルス、ダブルスの詳細はこちらにご覧になってください。 https://www.bpfj.org/jbpc2021 2022年度は感染予防対策を備えて通常に6開催の予定です。 ぜひ、ご参加、ご来場、ご応援ください。 スケジュールの次第に公開します。 では、来年ともよろしくお願いします。

閲覧数:41回0件のコメント